2012_miura_wakuwaku_062012_miura_wakuwaku_032012_miura_wakuwaku_042012_miura_wakuwaku_02 2012_miura_wakuwaku_05

世の中の認識と企業の実像との間にあるズレを解消する広告とは何か。その答えが企業風土に合った真摯なメッセージをしっかり伝えていくことだと個人的に実感できたのが本広告キャンペーンです。
長年のCMで醸成された「ボイラの企業」というイメージは三浦工業様の真の姿とは隔たりのあるものです。今ではボイラで培った技術を転用し、工場の水処理から医療、食品、舶用まで、さまざまな業界を高い技術力で支えています。その実現力や推進力こそが独自の価値だと考え、ご提案したのが「ワク沸クミウラ」というキャッチフレーズ。さらに好奇心旺盛な企業姿勢を「ミウラくん」というキャラクターで表し、CMや新聞、雑誌、Webサイトを通じて発信しました。
年間50回にも及ぶ雑誌広告シリーズを含め、すべてのクリエイティブで人間力にこだわる三浦工業様が持つ「温かさ、人間味」のある表現を模索。そのため社史を何度も読み返し「驚き」や「発見」を見つけるたびに、それを素直にコピーライティングに落とし込むことをめざしました。(安田)
Release Date:
2012
Client:
三浦工業株式会社
企業広告
Director
柴野
Designer
佐藤 俊
Copy Writer
安田
Producer
植村